都がHPで「虐待推進」と誤記 ネット「ミスのレベルが低すぎ」「笑えないぞ」

 東京都が児童虐待防止を呼び掛けるHPで、マスコットキャラクターを誤って「児童虐待推進キャラクター」と表記していた。すでに「児童虐待防止推進キャラクター」と修正されているが、ネットでは「校正せんのか?w」「なんつー誤字だw」などと批判が殺到している。

 巻き貝がモチーフのキャラ「OSEKKAIくん」が虐待防止を訴えるというもので、トップページの説明が誤っていた。外部の業者に委託して4月10日ごろにサイトがリニューアルされたが、その際に誤記が起きたとみられる。11日午後、都民からの指摘があり、同日夜に修正したという。

 ネット上では「児童虐待推進したらダメだろwおせっかいにも程がある」「間違いとは言え、『児童虐待推進キャラクター』は酷い」「虐待を推進!?おいおい」などと批判が集中。ありえないミスに「虐待を推進してどーすんだよ。ミスのレベルが低すぎて…」「チェック漏れ。笑えないぞ」などの苦情が続いた。

 各地で相次ぐ児童虐待。それを防ごうとしたなかで起きた今回のミスにSNSでは「いやーもうほんと頼みますよ。こんなのはまだ文字だからいいけど、ほんとにもう虐待は起こってほしくない」などの声も。

 また「まあ酷い誤植だとは思うけど、虐待推進したい人間なんていないんだから、故意ではないだろうし、そんなに責めてあげんさんなって感じだけどねぇ」といった擁護論や、キャラクター名について「児童虐待推進キャラクターもおかしいけど、おせっかい君という名前もしっくり来ない感あるな 虐待を防ぐのはおせっかいではなく当然のこと、義務なのでは?」と疑問を呈する声もあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ