「お召し列車」牽引SLを特別公開 京都鉄道博物館

 戦前から戦後にかけて、昭和天皇が乗車した「お召し列車」を牽引した蒸気機関車「C51形239号」が、改元に合わせて再整備され、金色の菊花紋章や鳳凰があしらわれた“お召し仕様”となって京都鉄道博物館(京都市下京区)で特別公開されている。

 C51形は、大正8(1919)年から計289両が製造された戦前の主力機関車。なかでも239号は運転士が扱いやすく、乗り心地も良いとされ、お召し列車の専用指定機となった。昭和3年に京都で行われた昭和天皇の即位式で、東京-沼津間の牽引機として活躍したのを皮切りに、28年の引退までに、歴代最多となる104回にわたって牽引したという。

 北陸や信越地方などで通常の機関車として運用された後、梅小路機関区で保管されていたが、改元を記念して同博物館が今年2月から整備を進めていた。黒の塗装を塗り直したほか、お召し列車を牽引している証しの菊花紋章を車体の先頭に、皇室を象徴する金色の鳳凰を側面の除煙板にあしらうなど、装いを新たにして公開。菊花紋章の中心には小さな梅の花をほどこしたり、鳳凰も梅小路機関区のデザインを採用したりして、現役当時の再現ではなく、同機関区所属機の“お召し仕様”に仕上げた。

 また、特徴的なのは車体の左右に取り付けられた金色の柵。定時運行が求められる機関車にトラブルが生じた際も、車庫に戻す必要なく、最寄り駅で車体が点検できるように備えられていたという。

 同博物館展示資料課の北野高宏さん(39)は「239号は美しさと力強さを兼ね備えた、お召し列車にふさわしい車両。昭和天皇とともに激動の時代を駆けた車両の物語を感じてほしい」と話している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ