奈良のうまいもの大集合 フェスタ

 奈良県内のうまいものが集まる「ならのうまいものフェスタ」が25日、奈良市のならまちセンター芝生広場で始まり、多くの家族連れらでにぎわった。

 食とイベントで盛り上げようと、県内の飲食店や食品関連の企業からなる「奈良のうまいもの会」などが今回初めて開催。秋には第2回を予定している。

 この日は、手作りしょうゆを使ったねぎ焼きや、自家製餃子、柿の葉寿司、かりんとう饅頭(まんじゅう)など、県内各地でうまいものを販売する10店が参加。奈良市内で5月の観測史上最高となる33・6度の真夏日となったことから、かき氷やタピオカドリンクを買って日陰で休む人の姿も見られた。

 訪れた女子大学生(18)は「奈良に来たばかりなので、地元のおいしいものを知ることができてうれしい。かき氷がとてもおいしかったです」と話していた。

 26日は午前11時から開場。11時半からジビエカレーのレトルトパックや柿の葉茶が賞品のじゃんけん大会、午後1時半からはバルーンアート体験が行われる。問い合わせは奈良のうまいもの会(0742・26・0082)。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ