陛下、皇居で大綬章親授式

 春の叙勲の大綬章親授式が23日、皇居・宮殿「松の間」で行われ、天皇陛下が桐花大綬章の寺田逸郎(いつろう)前最高裁長官(71)ら12人に勲章を手渡された。陛下が即位後、叙勲の親授式に臨まれる初めての機会となった。

 ほかに式に出席したのは旭日大綬章の亀井静香元金融担当相(82)、笹川陽平日本財団会長(80)、数土(すど)文夫元JFEスチール社長(78)ら。

 外国人叙勲では、ヨルダンのナーセル・ジュデ元副首相兼外務・移民相(57)らが旭日大綬章を受け取った。

 式の後、寺田氏が受章者代表で「それぞれにおいて、一層精進を重ねていく決意でございます」と述べたのに対し、陛下は「長年、それぞれの務めに励まれ、国や社会の、また人々のために尽くしてこられたことに深く感謝いたします」とねぎらわれた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ