「悪性リンパ腫」人生で突然の不運 公的医療保険が拠り所に

 【高額薬再び 大きなリスクか 小さなリスクか】(上)

 ■公的医療保険が拠り所

 患者の免疫機能に働きかける血液がんの治療製剤「キムリア」が日本でも承認され、今月にも公的医療保険で使えるようになる見通しだ。課題は、米国で1回5千万円以上ともされる価格。日本での価格は未定だが、税や健康保険料への影響を心配する声もある。誰でも、手頃な価格で高度な医療を受けられる国民皆保険は維持できるのか。

 昨年10月、まだ日本に登場していない薬をめぐり、財務省と厚生労働省が激しく火花を散らした。

 仕掛けたのは財務省だ。予算の方針を検討する「財政制度分科会」に、米国で登場した3つの高額薬と価格に関する資料を提示。「公的医療保険から外すことも含めた検討が必要」としたのだ。3つとは、血液がんの治療製剤の「キムリア・米国で1回の治療に約5400万円」と「イエスカルタ・同4200万円」、遺伝性網膜疾患治療薬「ラクスターナ・同9700万円」。財務官僚の脳裏には、膨らむ医療費が将来世代の借金になるという懸念がある。

 厚労省は翌日、反撃に出た。公的医療保険について議論する「医療保険部会」で、保険局の田宮憲一薬剤管理官は「わが国では国民皆保険の下、『有効性や安全性が確認された医療であって、必要かつ適切なものは保険適用する』を基本に対応している」と強調。財務省の資料にあるキムリアの米国での価格は「5560万円」と“修正”し、日本での患者は年に約250人程度であることから「市場規模は100億円から200億円程度」だと踏み込んだ。

 100億~200億円という額は、抗がん剤のオプジーボが当初、患者1人に年3500万円かかり、市場規模1兆7500億円とも言われた額の100分の1。薬の価格は1人分に注目するのではなく、総額でいくらかかるのかという市場規模が重要だと訴え、再考を促したのだ。厚労官僚の脳裏には、公的医療保険から高額薬を外せば、富裕層以外の患者が効果のある治療を受けられなくなるという危機感がある。

 キムリアは、スイスの製薬大手「ノバルティス」が開発した。対象は、ある種の悪性リンパ腫(しゅ)と急性白血病の患者。患者から免疫細胞を取り出し、遺伝子組み換えで、がん細胞への攻撃力を高めて体内に戻す「CAR-T細胞療法」の一つ。国内では初登場だ。

 承認前の「治験」には日本からも15人が参加した。札幌市に住む女性会社員(49)もその一人だ。人生で突然の不運に見舞われたのは5年前。下腹部の激痛で受診し「悪性リンパ腫」と診断された。女性は「けがはしても病気はしないと思っていた」と話す。

 最初の治療は抗がん剤。成功率は7割弱と高い。ただ説明書には「順調なら治る」とあり、「順調なら」に赤い波線が引かれていた。

 1年もせずに再発した。次の治療は自家造血幹細胞移植で「成功率は五分五分」と言われた。移植した細胞が定着し、「おめでとうございます」と祝福されてほどなく再発した。

 号泣した。治療手段は急激に狭まる。次の成功率を、医師ははっきり言わなかった。そんなとき、北海道大学病院(札幌市)での治験を打診され、参加した。

 以来、ほぼ3年たつが再発はない。「今までの治療で一番長い。こんなに長く効くなんて」

 新薬に専門医らも期待を寄せる。国立がん研究センター(東京都中央区)の伊豆津(いずつ)宏二・血液腫瘍科長は「これまでは、短期間に亡くなる可能性が高かった患者が、一部は1年を超えて再発がない。治癒が得られる可能性がある」とする。

 一方でCAR-T細胞がうまく作れなかったり、体内に戻すまでの約2カ月を待たずに亡くなったりするケースもある。重い副作用もあり、薬の長期的な効果が分かるのはこれからだ。

 キムリアの対象患者は当面少なく、財政に与える影響も大きくない。だが、バイオ製剤が増え、薬剤は高額化の方向にある。公的医療保険をどうコントロールするかは大きな課題だ。厚労省の鈴木康裕医務技監は「仮に公的医療保険の重点化を図らなければならないとすれば」とした上で「大きなリスクをとるのか、小さなリスクをとるのか」の選択が必要だとする。

 日々の薬はドラッグストアで買い、大きな事故や手術、高額な薬が必要なときに費用の心配なく公的医療保険を使うのか。それとも、日々の薬をカバーすることこそが公的医療保険の役割で、めったに使わない高い薬を保険から外し、自費や民間保険で賄うのか。公的医療保険と新薬のあり方を考える。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ