羽生選手出演を事前掲載、ツアー中止に 神戸新聞旅行社

 神戸新聞旅行社(本社・神戸市中央区)が、6月上旬に神戸市内で開催されるアイスショー「ファンタジー・オン・アイス」に、フィギュアスケート男子で冬季五輪を2連覇した羽生(はにゅう)結弦(ゆづる)選手が出演することを公式発表よりも早くホームページ(HP)に掲載していたことが15日、分かった。同社は外部からの指摘を受け削除したが、ショーの主催者側からチケットの発券を停止されたため、90人が申し込んでいたショーを鑑賞する日帰りバスツアーの催行は中止となった。

 同社は4月上旬にツアー参加の受け付けを開始。当初HPでは日程や料金のみを載せていたが、出演者の決定を受けて5月9日午後2時ごろに羽生選手の出演を発表した。翌10日朝に外部から指摘があり、公式発表の前に掲載していたことが判明。同日中に記載を削除した。本来の情報解禁日は10日午後6時だった。

 ショーのチケット提供を受けられなくなったため、同社は14日にツアー中止を決定。申込者には電話で事情を説明し、料金の全額返還に加え5千円分の商品券を送付した。

 同社の広報担当者は「大変ご迷惑をおかけした。今後同じようなことが起きないようダブルチェックを徹底する」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ