「百舌鳥・古市古墳群」世界遺産へ 全49基、ユネスコに登録勧告

 政府は14日未明、国連教育科学文化機関(ユネスコ)諮問機関のイコモスが、世界文化遺産に「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」(大阪府)を登録するよう勧告したと明らかにした。6月30日から7月10日にアゼルバイジャンの首都、バクーで開かれるユネスコ世界遺産委員会の審査で、登録可否が決定される。登録勧告は尊重されるのが通例で、登録はほぼ確実となった。陵墓が世界遺産になるのは初めて。

 登録が正式に決まれば、国内の世界文化遺産は昨年の「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎県、熊本県)に続き19件、自然遺産を含めた世界遺産は計23件となる。大阪府では初めて。

 百舌鳥・古市古墳群は、百舌鳥エリア(堺市)と古市エリア(羽曳野市、藤井寺市)の計49基で構成。古墳時代最盛期の4世紀後半から5世紀後半、大陸と行き来する航路の発着点だった大阪湾を望む場所に築造され、航路からの眺望を意識したとみられる。

 両エリアには墳丘の長さが486メートルもある国内最大の仁徳天皇陵古墳をはじめ、大規模な前方後円墳が集中。巨大古墳の周りを中小古墳が取り囲み、被葬者の権力や身分の階層を示している。

 帆立て貝形や方形など幾何学的にデザインされており、築造技術の高さを示す。多様な規模と形状を持つ墳墓群は世界でもまれで、墳墓によって権勢を誇示した歴史を物語る。

 平成29年7月に国の文化審議会が推薦候補に選定。文化審は「推薦内容の見直しを迫られる可能性もある」との厳しい見方を示していた。だが、遺産の価値の説明を分かりやすくするなど推薦書を練り上げた。

 仁徳天皇陵古墳などは世界最大級の墳墓だが、世界的な知名度は低い。住宅街にあるため見学者の受け入れ態勢が十分といえず、府の担当者は「来訪者が一時的に増えるのは確実だが、来年以降も来てもらえるかが課題だ」と話す。

 来夏の世界遺産委では、政府が自然遺産に推薦した「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島県、沖縄県)が審査される。

2007年9月 大阪府など4自治体が「百舌鳥・古市古墳群」の世界文化遺産登録を文化庁に提案

 10年11月 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の暫定リストに記載

 17年7月 国の文化審議会が国内候補とすることを決定

 18年1月 政府が、19年登録に向けユネスコに推薦書を提出

    9月 ユネスコ諮問機関が現地調査

 19年5月13日 ユネスコ諮問機関が登録勧告

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ