被災地、戦争の記憶継承、環境問題…両陛下に期待の声

 皇居・宮殿で4日に行われた「令和」最初となる一般参賀。晴天に恵まれるなか、天皇陛下は計14万1130人の参賀者を前に「世界の平和」と日本の「一層の発展」を願われた。参賀者からは被災地慰問や先の大戦の記憶の継承、環境問題といった各方面での今後のお取り組みについて、天皇、皇后両陛下に期待を寄せる多くの声が聞かれた。

 午前10時、モーニングコート姿の陛下が宮殿「長和殿」のベランダに姿を見せられた。陛下は向かって左の秋篠宮さま、右側の皇后さまとそれぞれ言葉を交わした後、ゆっくりした口調でお言葉を読み上げられた。お言葉の後は陛下、皇后さま、秋篠宮さまの順に笑顔で手を振って応えられた。

 「以前から親しみを感じていたが、同い年とは思えない若々しさを感じた」。陛下と同じ59歳で、千葉県習志野市から妻(58)と初めて参賀に訪れた会社役員の三宅良一さんは、間もなく会社から離れる自らと比較し、「これから大仕事が始まることは、本当に頭が下がる思い」と気持ちを寄せた。同じく陛下と同世代の東京都墨田区の会社員、石井功さん(55)は「上皇さまのお姿を見て成長し、これから一層、国民に寄り添ってくださると思う」と新たな時代を展望した。

 平成28年4月の熊本地震で県内の実家が全壊、祖父母宅も被災したというのは、東京都大田区の会社員、後藤梨々子(りりこ)さん(29)。「祖父母が避難した体育館を上皇ご夫妻が訪問され、温かいお人柄に大変励まされたと聞いている。陛下にも被災地などでお力を頂きたい」と願った。青森市から来た会社員、上野真理さん(40)は病気療養中の皇后さまが笑顔で手を振られる姿に安堵(あんど)し「ご自身のやり方で皇后として歩まれてほしい」と述べた。

 海外から参加した参賀者の姿もみられるなか、お言葉で陛下は海外諸国と手を携え「世界の平和」を求める思いを示された。休暇でベルギーから訪れたジャン・エブラールさん(69)は「米国、中国など日本を取り囲む世界情勢は緊張感が高まっているが、陛下には国民の心をつなぎ、平和を保つために力を尽くしてほしい」と期待を込めた。この日のために来日し、米国の大学で環境問題の研究をしているブリジット・ハービーさん(25)は「陛下は水資源に関心がおありと聞いている。陛下のご活動が、環境問題の改善に向けたきっかけになれば」。

 一方、高齢者の中には時代の変わり目に寂しさを感じる人も。千葉県君津市の無職、安藤香さん(77)は「上皇ご夫妻の活動で皇室を身近に感じられるようになった。お姿を見られなかったのは寂しい」としみじみ。同県市原市の無職、竹内豊さん(80)は「若い人たちは平和を当たり前に思っている。戦後世代の両陛下が、どのように先人の苦労を伝えられるのかに関心がある」と先の大戦の記憶の継承を望んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ