令和最初の葵祭へ 斎王代が身を清め

 京都三大祭りのトップを飾る「葵祭」(5月15日)を前に、ヒロインの斎王代(さいおうだい)が身を清める「御禊(みそぎ)の儀」が4日、京都市左京区の世界遺産・下鴨神社で営まれ、見守った参拝者らはみやびやかな王朝絵巻に酔いしれた。

 雅楽の調べが響く中、第64代斎王代の会社員、負野(おうの)李花さん(23)が十二単(じゅうにひとえ)姿で、童女(わらわめ)や采女(うねめ)ら約50人と参列。童女に導かれて御手洗(みたらし)川に進むと、手を浸して身を清め、祭りの無事を祈った。

 令和最初の斎王代を務める負野さんは「今まで以上に気を引き締めたい。これから(令和の)斎王代を務める方のお手本になったらいい」と話していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ