両陛下「こどもの国」ご訪問 ご結婚記念し開設

 天皇、皇后両陛下は12日、横浜市青葉区の「こどもの国」を訪れ、園内をめぐって楽しまれた。両陛下のご結婚を記念して建設された公園で、10日に結婚60年を迎えたことから、思い出の地を再訪された。

 こどもの国は、両陛下の結婚の際に国民から寄せられたお祝い金について、両陛下が「子供のための施設に」と希望されたことをきっかけに建設。両陛下はお子さま方と何度も足を運ばれてきた。

 この日は園内バス「あかポッポ号」に乗り、園内を約50分かけて一周された。途中でバスを降り、開園20周年を記念して、両陛下が植樹した桜をご覧に。

 来園者らに声をかけ、陛下は保育園児を引率していた男性に「この施設で何を喜びますか」とご質問。皇后さまは園児らに「これからお弁当を食べるの?」と話しかけられたという。

 バスが園内を走るミニSLと併走する場面もあった。ミニSLは両陛下が平成21年12月、皇太子ご夫妻、秋篠宮ご一家、黒田清子さん夫妻と来園した際に、ご家族そろって乗車されている。

 両陛下はSLに乗る親子連れや来園者に、笑顔で手を振られていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ