新元号 「安久」陰謀論は終息せず?

 政府は1日、新元号を「令和(れいわ)」と決定した。インターネットを中心に新元号の予想が過熱していたが、正解はほとんどなかったようだ。

 予想では、生命保険会社のアンケートで上位入った「安久(あんきゅう)」が有力候補として挙がっていた。これに一部のネットユーザーが「安倍(晋三首相)が自分の名前を元号にねじ込もうとしている」「新元号まで忖度(そんたく)か」などと反発。権力者が新元号を私物化しているかのような“陰謀論”が局所的に拡散されていた。

 令和と決まった後も、「事前のリークで安久は回避された」「安倍は命『令』に服従せよと国民に強いている」などと解釈し、安倍憎しで改元の盛り上がりを受け入れられないコメントがSNSで散見される。一方で、陰謀論者の胸の内を茶化すように「『令』(4、5画目)と『和』(4~7画目)の筆画から『アベ』の字が浮かび上がる」と投稿するユニークなユーザーもいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ