新元号 小池都知事「希望を感じる」

 東京都の小池百合子知事は1日、「平成」に代わる新元号に決まった「令和(れいわ)」について、「希望を感じる2文字。万葉集からの出典ということで親しみを感じる」と述べた。都庁で報道陣の取材に応じた。

 2020年東京五輪・パラリンピックを来年に控える中、小池氏は「令和2年は五輪の年。これから世界をリードする都市として令和時代の新しい東京を築いていく、そのことの象徴にこの元号がなれば」と抱負を語った。

 さらに「まだ発表されて数時間だが、これほど定着のスピードが速い。元号の持つパワーではないか」とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ