人工知能、IoTと幸せの関係は 「おいおい老い展」

 介護と福祉のより魅力的な現場づくりを目指す厚生労働省補助事業「おいおい老い展」(スタジオ・エル主催)は23日、東京都千代田区の「アーツ千代田3331」で開かれ、「老いとファッション」「老いと多様性」など5つのトークセッションが会場を盛り上げた。

《ネットが人をつなぐ》

 週末を迎え、介護に興味がある若者や高齢の夫婦らでにぎわった。

 座談会「老いと幸福」は人工知能とモノのインターネット(IoT)がつくる未来が主題。高齢者を見守るセンサーや介護ロボットの普及が始まったことから、先進技術がつくる未来を学び、幸せな老後に生かす方法を専門家が語った。

 登壇したのは、高齢者の自立を目指す「日野原重明記念 新老人の会」でネット交流を推進する集まりの代表、牧壮(たけし)さん▽機械工学の専門家で、製造大手「キヤノン」勤務、ハーバード大客員教授を経て、イノベーション教育の研究に携わる前野隆司慶応大学大学院教授。

 牧さんは、ネット環境があればどこでも暮らせると感じてマレーシアへ渡航。「2、3年のつもりが、13年間もオフィス、秘書、部下なしで仕事をした」と語り、国境を越えて人と人が結ばれた体験を「世界が広がり、充実したひと時代だった」と振り返った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ