iPSにゲノム編集移植 拒絶反応の壁乗り越え 実用化に期待

 京都大のグループが8日付の米科学誌電子版で、人工多能性幹細胞(iPS細胞)をゲノム編集し、移植時に拒絶反応のリスクを大幅に減らす新技術を発表した。拒絶反応の壁という、再生医療の最大の課題を乗り越える道筋を示した画期的な成果だ。

 再生医療の理想は、拒絶反応がないとされる患者自身の細胞で作ったiPS細胞を「自家移植」することだ。しかし、このやり方では移植用のiPS細胞を作製するのに膨大な時間と費用がかかる。

 このため、他人の細胞から作ったiPS細胞を備蓄しておいて患者に移植する方法をとることになるが、拒絶反応への対策が最大の課題になっていた。

 京大は平成25年、多様なiPS細胞を備蓄する「ストック事業」を開始。ただ、現状では、日本人に限定しても対応可能な割合は3割だけだ。より多くの人に、より安価にiPS細胞を移植できるようにするには、拒絶反応を起こしにくい安全なiPS細胞を作る技術が不可欠。京大グループは今回、遺伝子を操作するゲノム編集によって一つの道筋を示したといえる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ