進むゲノム編集、揺れる科学界 生命操作の許容範囲は

 狙い通りに遺伝子を改変できる「ゲノム編集」を使ってヒト受精卵を改変し、双子が生まれたと中国の研究者が主張し、中国・広東省当局が事実と確認したとする調査結果を公表した問題は、世界に波紋を広げた。ゲノム編集は、生命科学研究に飛躍的な進歩をもたらした一方、いまだ発展途上で、受精卵への臨床応用は予期せぬ影響を個人や人類全体の遺伝子に与える恐れもある。「生命の設計図」の書き換えは、どこまで許されるのか。

世界から非難

 「ゲノム編集技術を受精卵に使い、健康な双子の女児を誕生させた」

 昨年11月28日、香港で開かれた国際会議で1人の研究者に世界の注目が集まった。中国・南方科技大の賀(が)建奎(けんけい)副教授=解雇=だ。男性側がエイズウイルス(HIV)感染者である男女を対象に、体外受精時に感染を防ぐように遺伝子を改変したと報告した。

 遺伝子を人為的に改変した人間が生まれた初のケースとなり、世界の研究者らは猛烈に非難。ゲノム編集に詳しい広島大の堀内浩幸教授は「すでに問題を遺伝子操作以外で解決できる手法があるのに、なぜゲノム編集技術を使う必要があるのか。研究者倫理に反する行為だ」と指摘する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ