バンクシー作品が大英博に ダイアナ元妃肖像の偽札

 【ロンドン共同】正体不明の路上芸術家バンクシーの作品である、故ダイアナ元妃の肖像を載せた偽10ポンド紙幣が大英博物館に所蔵されることが9日までに明らかになった。英紙ガーディアンが報じた。バンクシーの作品が同博物館に収められるのは初めてという。

 作品は「ダイアナ元妃の顔をした10ポンド紙幣」を意味する「ダイフェイスド・テナー」。本物の紙幣では中央銀行の「イングランド銀行」と印刷されている部分に「イングランドのバンクシー」と書かれ、2004年に制作された。バンクシーの代理人が寄付した。

 ガーディアンによれば、担当者は作品を手に入れるのに何年もかかったと苦労を明かした。

 バンクシーの作品は最近注目を集めている。昨年10月にはロンドンで、有名な絵画が高額で落札された直後、額縁に仕掛けられたシュレッダーで自動的に半分ほど細断され話題になった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ