戦艦「比叡」の船体発見 ポール・アレン氏の調査チーム

 米マイクロソフトの共同創業者、ポール・アレン氏(昨年死去)の調査チームは、先の大戦の真珠湾攻撃に参加し第三次ソロモン海戦で沈没した旧日本海軍の戦艦「比叡」の船体を南太平洋ソロモン諸島沖の深さ約1千メートルの海底で発見したと発表した。

 比叡は金剛型の2番艦として横須賀工廠(こうしょう)で建造され、大正3年8月に竣工。観艦式の際に昭和天皇が座乗する御召艦になり、国民に親しまれた。昭和16年12月、機動部隊とともに真珠湾攻撃に参加。以降、インド洋作戦やミッドウェー海戦などで活躍し、17年11月、ガダルカナル島の攻防をめぐる第三次ソロモン海戦で沈没した。

 調査チームはこれまでも沈没した軍艦の探査を行い、戦艦「武蔵」などの船体を発見。昨年3月には第三次ソロモン海戦で日本軍に撃沈された米巡洋艦「ジュノー」の残骸も発見している。アレン氏の死去後も調査を続けている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ