日本発の「らせん高分子」 ノーベル賞級の隠れた偉業

 【クローズアップ科学】

 科学技術の進歩に貢献した人物に贈られる日本国際賞の今年の受賞者に、微小な分子がらせん階段のように連なった「らせん高分子」を開発した名古屋大の岡本佳男(よしお)特別招へい教授(78)が選ばれた。約40年前から医薬品などの製造現場で広く使われている世界的な業績で、ノーベル賞に匹敵するともいわれ、評価は遅すぎたとの声も上がっている。

■世界中の研究者が恩恵

 日本国際賞は毎年4月の授賞式に天皇・皇后両陛下がご臨席し、賞金5000万円が贈られる権威ある賞だ。審査委員長を務めた浅島誠東京大名誉教授は岡本さんについて「科学のみならず周辺領域にも大きなインパクトを与えた卓越した発見。製薬関係をはじめ、世界中の研究者の誰もが当たり前のように恩恵を受けている」とたたえた。

 らせん高分子は、自然界ではDNA(デオキシリボ核酸)やタンパク質などが知られるが、人工的に作ろうとするとすぐに壊れてしまって合成は困難だった。

 これに対して岡本さんは、大阪大の助手だった1979年、試行錯誤の末に豆の抽出物である「スパルテイン」を用いるなどして安定的な合成に成功。しかも、らせんには右巻きと左巻きがあるが、その作り分けも実現した。これは世界初の成果だった。

 受賞を受け、岡本さんは「これまで50年以上研究に取り組んできた。このような基礎研究が賞に結びついたことは、若い研究者にも励みになるのではとうれしく思う」と笑顔を見せた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ