夢あきらめないで 東大阪市の社長が資金援助 スピーチコンテスト パラスノボ成田緑夢も入賞

 大阪府東大阪市の中小企業経営者が、夢を追いかける若者にスピーチコンテストを通して資金援助する活動を続けている。コンテストには、今年の平昌(ピョンチャン)冬季パラリンピックのスノーボードで金メダルを獲得した成田緑夢(ぐりむ)選手(24)も参加し、援助を受けた。経営者は支援の輪を広げようと、一般から毎月500円の寄付を募るワンコイン運動も展開している。

 経営者は、スマートフォン用ケースなどを企画販売する「サンクレスト」社長の植田実さん(65)。活動を始めた理由は「神様との約束」だという。約24年前、当時10歳だった長男が、ステージ3の耳下腺(じかせん)がんと診断。がん細胞は首にも転移し、医師からは「助かりにくい」と告げられた。

 「せめて20歳まで生かしてほしい。そのためには何でもする」と夫婦で地元の神社に祈願した。治療のかいもあり、長男は無事回復した。「神様は約束を守ってくれた。いつか、子供を守る取り組みをしよう」と心に秘めた。

 しばらくは経営に追われる日々が続いたが、業績も落ち着いてきた平成24年、若者を支援する一般社団法人「青少年夢応援隊」の設立にようやくこぎついた。

 家庭環境や経済的理由で夢をあきらめざるを得ない若者に資金援助し、国際人に育てることを目的に掲げており、メンバーは元会社役員ら11人。翌25年からは毎年、「夢」をテーマにしたスピーチコンテストを東大阪市で開催している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ