ポケモンで観光キャンペーン 12月6日から全県で 鳥取県

 鳥取県は来月から、ゲーム「ポケットモンスター」に登場するポケモンと連携した観光キャンペーンを県内全域で実施する。昨年開催し、全国から多くの人が参加したスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」のイベントのようなレアポケモンの登場はないというが、ポケモン人気に乗じて観光誘客を図る。

 キャンペーンは12月6日から来年1月14日までの40日間。あるポケモンとコラボした誘客の仕掛けを全県展開するとしている。詳細は12月6日に鳥取砂丘であるオープニング発表会で公表するが、4月にポケモン「ヤドン」とコラボでイベントをした香川県はスタンプラリー、オリジナルグッズ製作などを行った。鳥取県では発表会に現れるポケモンに、県をPRする「大使」を委嘱する予定。

 昨年11月24~26日、鳥取砂丘周辺で行われた「ポケモンGO」イベントには約11万9千人が訪れ、県によると経済効果は約24億円に達した。一方、自動車の流入が多く、渋滞、迷惑駐車といった交通混乱が発生するなど課題を残した。

 今年もスマホゲームイベント開催を要望する声はあったが、県では「地元でしっかりとした体制が作られている状況にない」(平井伸治知事)として、今年の開催は断念し、観光キャンペーンだけを行うことにした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ