隠れ脳梗塞の要因に糖尿病や喫煙やサウナ… 西城秀樹さんも

 いきなり意識を失って倒れる脳梗塞は、体内の血管でできた血栓が血液にのって運ばれて、脳で詰まったときに起こるが、これは脳梗塞のなかでは比較的珍しい症状で、実際に多いのは、「隠れ脳梗塞」。自覚症状がないまま何度も繰り返し発症することで深刻なダメージをもたらすという。

 隠れ脳梗塞の恐さが克明に綴られた一冊がある。今年5月に逝去した歌手・西城秀樹さん(享年63)の妻・美紀さん(46)が17年間にわたる闘病生活を記した『蒼い空へ 夫・西城秀樹との18年』だ。

 秀樹さんが脳梗塞だと報じられたのは、2003年と2011年の2回だった。だが、著書では、秀樹さんが8回にわたり繰り返し脳梗塞を発症していたこと、その原因が若い頃からの持病だった「糖尿病」にあったことが初めて明かされている。

 隠れ脳梗塞になりやすい人はどんな特徴があるか。まず注意すべきは年齢だ。隠れ脳梗塞が見つかるのは「60歳以上」が多く、脳ドック受診者のうち60代の約2割、70代の約3割に見つかるとされる。

 そこに様々なリスク要因が複合的に積み重なる。「糖尿病」は大きな要因だ。くどうちあき脳神経外科クリニックの工藤千秋医師が語る。

 「糖尿病患者は血糖が血管内にベタベタと付着し、血管のしなやかさがなくなるため動脈硬化を起こしやすい。2型糖尿病患者の半数以上に隠れ脳梗塞が認められたという報告があります。血糖値は食習慣によって上がります。2~3時間の短い間隔で食事をとる人や、かきこむように食べる早食いの人は、食習慣を見直すべきでしょう」

 秀樹さんの食習慣にも、危険因子が潜んでいた。

 〈後でわかったのですが、外で天ぷらやお寿司を食べてきた日も、「ママに悪いから」とマネジャーに口止めし、家でもごはんを食べていたのです〉(同書より)

 動脈硬化を引き起こす原因となる「高血圧」「高脂血症(脂質異常症)」にも注意が必要だ。

 「動脈硬化が進行するほど血管は詰まりやすくなります。高血圧が続くと、血管が常に張り詰めた状態になるため、高血圧の人は正常血圧よりも約3倍、隠れ脳梗塞のリスクを高めるといわれています。また、高脂血症の場合、血液中に余分な脂が溜まりやすく、ドロドロの粥状に血管壁を厚くしてしまう。その他にも、『喫煙』や『アルコール』も、動脈硬化のリスクを高めます」(工藤医師)

 加えて、隠れた危険因子となるのが「脱水症状」だ。秋から冬も「サウナ」による脱水に要注意だという。都内在住の60代男性の話。

 「週末にサウナに行くのが趣味だったんですが、たくさん汗をかこうとして水分をとらずに30分以上こもっていました。サウナを出てから体がだるくて、徐々に舌がもつれていった。周りの人に促されて病院で検査を受けたところ、ラクナ梗塞と診断されました」

 工藤医師が解説する。

 「体内の水分が不足することで血流が悪くなり、血管が狭くなった場所で詰まるリスクがあります」

 秀樹さんには糖尿病、喫煙、サウナ好きが該当したという。あてはまる要素が多い人ほどリスクは高い。

 ※週刊ポスト2018年11月30日号

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ