キャベツの葉で熱冷まし…問われる民間療法の科学的根拠

 キャベツの葉で熱が下がる-とする民間療法を育児関連情報サイトが紹介したところ、ネット上で疑問の声が噴出。運営会社が記事を削除のうえ、謝罪する騒ぎとなった。民間療法の中には科学的根拠が不明のものも少なくない。専門家は「内容を見極めて」と呼びかけている。

熱が下がるわけがない

 騒ぎとなったのは、同サイトが平成26年10月17日に公開した「もう試した?熱冷ましの新常識『キャベツ枕』の驚くべき効果」と題した記事で、枕のように敷いた生のキャベツで頭を包むようにして乳幼児を寝かせると「キャベツの陰性(アルカリ性)が熱の陽性(酸化している血液)を中和し、熱がグングンと下がる」などと記載。

 同サイトは医師が記事の監修を行い事実確認を徹底することをうたっていたが、短文投稿サイト「ツイッター」で「キャベツで熱が下がるわけがない」「ぬれタオルの方が衛生的」など記事への批判が高まった。

 編集部は今年10月16日、「キャベツを利用した熱冷ましは、あくまでも民間療法であり解熱等との関連性はなく、これらの民間療法について効果が科学的に立証されていない」などとする「お詫びと訂正」を掲載、記事を削除した。

実はあったキャベツ論文

 民間療法は医学界ではなく民間で伝承される健康法や病気の治療法のことだが、最近はその科学的根拠が問われることも多い。

 キャベツの葉については、授乳期の乳腺炎の痛みの改善に効果があるかどうかを科学的に検証した論文がある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ