時代劇映画の手描きポスターや東京・深川ゆかりの作品約300点

 東京都江東区の深川江戸資料館で、時代小説や時代劇の資料を中心に紹介する特別展「時代小説そして時代劇」が20日まで開かれている。

 97歳の今も現役で活躍する絵師、植木金矢氏が手描きで再現した「忠臣蔵」や「宮本武蔵」「七人の侍」などの映画ポスター22枚、山本周五郎、藤沢周平、宮部みゆきら江東区在住や江東区を舞台に作品を書いたことのある深川ゆかりの作家の本や直筆の色紙など約300点が展示されている。

 関連イベントとして、ュージアムトーク(10日)や殺陣の披露(11日)、刀剣の研磨(17日)などが行われる。

 開館時間は午前9時半~午後5時(入館は同4時半まで)。入館料は大人400円、小・中学生50円。問い合わせは同館(03・3630・8625)。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ