GW10連休 どうなる10連休 歓迎と戸惑いと

 天皇陛下の譲位と皇太子さまの新天皇即位に伴い、来年のゴールデンウイーク(GW)を10連休とする方向で政府が12日、検討に入った。実現すれば異例の大型連休となるだけに、百貨店や観光施設などからは期待と戸惑いの声が上がった。

 大手旅行会社のJTBによると、来年のGWは昨年の同時期と比べ、海外旅行の予約が約2倍ほどと好調だという。担当者は「即位の瞬間を見届けたい人も多いとみられ、予想はつかない」としながらも、さらなる予約に期待を寄せる。

 あべのハルカス近鉄本店(大阪市阿倍野区)の広報担当者も、「来客、売り上げ増が期待できるので大歓迎。おめでたい日に、来店客が楽しめるよう準備を進めたい」と声を弾ませる。

 会社員らも好意的に受け止める。「『10連休』という響きがうれしい」。服飾店でアルバイトとして働く大阪市阿倍野区、安藤静佳さん(21)は喜ぶ。サービス業のため休日にはならないが「遊びに行けない分、頑張ってお金をためたい」と話した。同市北区の会社員、中村剛さん(34)も「家族で海外旅行に行きたい。今から楽しみ」と笑顔をみせた。

 一方、あまりに期間の長い休みに困惑する声も。「来場者数のピークがどの日か予測がつかない」と話すのは、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市此花区)の広報担当者。職員の配置やグッズの仕入れ数の判断が難しくなるのだという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ