刺し身でアニサキス食中毒 茨城・つくばみらい市

 茨城県は4日、同県つくばみらい市の30代の男性が寄生虫のアニサキスによる食中毒を発症したと発表した。男性は快方に向かっている。

 同県生活衛生課によると、男性は9月28日、同市の居酒屋「創味酒場 みなみ」でサンマやタイなどの刺し身を食べ、翌29日に腹痛や吐き気などを発症。今月2日に同市の医療機関を受診したところ、男性からアニサキスが検出され、つくば保健所は4日、同店の刺し身が原因の食中毒と断定した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ