免疫のブレーキ役発見、革新的がん治療に道筋 本庶佑氏にノーベル医学・生理学賞

 ノーベル医学・生理学賞に輝いた京都大の本庶佑特別教授(76)は免疫を抑制するブレーキ役のタンパク質「PD-1」を発見し、免疫学の新たな地平を切り開いた。成果はがん治療薬として実用化し、革新的ながん免疫療法として世界から注目を集めている。

 PD-1は、免疫の中心的な役割を果たすリンパ球の一種、T細胞の表面に存在するタンパク質。京大教授だった本庶氏の研究室で平成3(1991)年に発見されたもので、翌年に論文発表された。

 その機能は当初、不明だったが、本庶氏は免疫の働きを抑制していることを実験で明らかにし、11年に発表した。遺伝子操作してPD-1を作れないようにしたマウスでは、免疫反応が強まり、自分の細胞を攻撃してしまう「自己免疫疾患」が起きたのだ。

 T細胞は体内に侵入した病原菌などの異物を攻撃して殺す役割を持っている。一方、がん細胞は、自分自身の細胞が異常に増殖するように変化したものだ。このため、T細胞はがん細胞を攻撃できないと考えられていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ