京大が世界初iPSでパーキンソン治験…年内移植で患者募集

 人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から神経のもとになる細胞を作り、パーキンソン病患者の脳内に移植する治験を計画する京都大の高橋淳教授が30日、京大病院で記者会見し、治験の開始を発表した。年内に1例目の移植を実施したい意向で、高橋教授は「治療への有力な選択肢が増える」と意義を語った。こうした治験は世界初で、保険適用を目指す。

 根本的な治療法は現在なく、新たな再生医療として期待される一方、腫瘍化の懸念があるiPS細胞を利用するだけに厳格、慎重な実施が重要になる。

 治験計画は学内審査を終えた後、治験を監督する医薬品医療機器総合機構(PMDA)に届け出て、国に了承された。

 チームによると、治験の対象患者は7人。6人は全国から募集し、1人は京大病院内から選ぶ。

 パーキンソン病は、脳内で神経伝達物質ドーパミンを出す神経細胞が減り、手足の震えや体のこわばりなどが起こる難病で、国内患者は推定約16万人。計画では京大が備蓄する、拒絶反応が起きにくい型の他人のiPS細胞から作った神経細胞を脳内に移植し、神経を補う。現場の医師が主体となって安全性や有効性を検証する医師主導治験として取り組む。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ