闇の勢力に数千億円が消えた「戦後最大の経済事件」 無謀な不動産投資、いわくつき企業を傘下に…

 【秘録 今明かす「あの時」】イトマン事件「火付け役」が語る舞台裏

 バブル期に中堅商社イトマンから闇の勢力に数千億円が消え、多くの逮捕者を出した特別背任事件。都市銀行を巻き込む「戦後最大の経済事件」を最初に報じたのは日本経済新聞のスクープ記者、大塚将司(67)だった。事件発覚の道を開いた舞台裏を明かす。

 “昭和天皇ご重体”と報じられ、自粛ムードの最中だったが、バブルの“狂気”と“熱狂”が衰えることはなかった。

 30年前の1988年10月19日。旧知の住友銀行業務渉外部部付部長の國重惇史氏からお呼びが掛かった。私は日経新聞経済部記者で、大蔵省内の記者クラブ(通称“財研”)に在籍していた。

 彼の自宅マンションで午前零時前から2時間余り話を聞いた。話題は住銀の“ドン”磯田一郎会長の腹心、河村良彦・住銀元常務が社長として率いるイトマン(旧伊藤万)の地上げ問題だった。國重氏は南青山の地図を広げて説明した。全てを買い上げるのは困難で、虫食いの状態では債務だけが膨れ上がっていく。記事にして欲しいという。しかし、私は「株価と地価がこの状況では無理だ。記事にしても何のインパクトもない」と断った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ