学生ら54人が結核感染 東京・板橋の日本語学校

 東京都は12日、板橋区の日本語学校の学生や教員ら計54人が結核に集団感染し、うち14人が発症したと発表した。すでに治療を受けるなどして重症者はおらず、感染拡大の恐れは低いという。

 都によると、学生は全員外国籍。昨年末からせきの症状があった男子学生が今年1月に結核と診断され、教室などで接触のあった155人を検査したところ、ほかに53人の感染が分かった。

 最初に発病した男子学生は入院し、すでに帰国したという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ