羽生の袖飛車「非常に珍しい一手」とどよめきの声 第89期ヒューリック杯棋聖戦第3局

 羽生善治棋聖(47)=竜王=に豊島将之八段(28)が挑戦している産経新聞社主催の将棋タイトル戦「第89期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」の第3局が両者1勝1敗のタイを受け、30日午前9時から静岡県沼津市の沼津倶楽部で始まった。持ち時間は各4時間の1日指し切り制で、立会人は青野照市九段と勝又清和六段。

 青野九段の合図で先手の豊島の▲2六歩に羽生は△3二金から△7二飛と袖飛車を指すと棋士らが集まる控室ではどよめきの声が上がった。青野九段は「非常に珍しい。将棋にはどういう可能性があるか常に探る羽生さんらしさが感じられる」と解説。

 その後羽生は12手目△7五歩と豊島が角道を開けるのを封じ、△7四飛と飛車を浮いたのを「ほとんど前例がない」と青野九段が指摘。豊島も19手目▲3六銀と棒銀の構え。△7四飛が棒銀を横利きで受ける構えをみせており、先手の攻めを難しくしている。

 豊島も27手目で▲2五銀と上げ、羽生の左桂を跳ねさせ、角道をふさがせる狙いの一手。青野九段は「どちらの角がうまく働くかがこの将棋の勝敗を占うポイントだ」と話した。

 今回の対局の棋譜再現をこちらでご覧になれます。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ