尼崎市がユニーク犬鑑札 人気アニメ「忍たま乱太郎」原作者がデザイン 

 犬の飼い主が自治体に犬を登録した際に交付される「犬鑑札」の装着を促そうと、尼崎市は今春から、地元出身でアニメ「忍たま乱太郎」の原作者、尼子騒兵衛さんがデザインした犬鑑札を導入した。飼い犬の登録や犬鑑札の装着は法律で義務づけられているが、登録すらしないケースが横行。無登録の飼い主は狂犬病の予防接種を受けさせないことも多く、市はこうした現状の改善を目指す。

 狂犬病予防法では、犬の所有者を明確にして狂犬病の発生を防ぐため、市町村への犬の登録と年1回の予防注射を義務化。犬の登録時には犬鑑札、予防注射を受けた際は注射済票の装着も義務づけらていれる。

 ただ、全国の飼い犬の登録数が平成28年度末時点で645万匹なのに対し、推定飼育数は28年10月時点で987万匹(業界団体「ペットフード協会」調査)。実に約3割もの登録がされていないことになる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ