藤井聡太六段、竜王戦5組ランキング戦準決勝に勝利し、最年少七段にスピード昇段

 将棋の最年少プロ、藤井聡太六段(15)が18日、大阪・関西将棋会館で指された竜王戦5組ランキング戦準決勝で先手の船江恒平六段(31)に72手で勝ち、2期連続で昇級が決定、昇段規定を満たして史上最年少での七段昇段を決めた。今年2月に五段、六段に昇段してから、わずか3カ月での“スピード出世”。15歳9カ月の藤井新七段は、加藤一二三・九段(78)が持つ17歳3カ月の七段昇段の最年少記録を61年ぶりに塗り替えた。

 規定では、竜王戦の予選に当たるランキング戦で2期連続で昇級すれば昇段する。藤井新七段は昨年の前期、6組で優勝して5組へ昇級した。

 加藤九段のほか中学生でデビューした棋士の七段昇段時の年齢は、谷川浩司九段(56)が18歳11カ月▽羽生善治棋聖(47)=竜王=が20歳0カ月▽渡辺明棋王(34)が21歳5カ月。

 藤井新七段は14歳2カ月でプロデビュー(四段)し、今年2月1日に「順位戦C級1組昇級」の規定で五段に昇段。同17日には史上初めて中学生として全棋士参加の一般棋戦で羽生棋聖らを破って優勝し、わずか16日で六段に昇段した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ