東大・京大合格高校ランキング 東西で名門校復活の「異変」

最難関「理III」の平均点が上がりハイレベル入試となった東大

最難関「理III」の平均点が上がりハイレベル入試となった東大

 国公立大の前期試験の合格発表が終わり、今年の入試も峠を超えた。そんな中、最難関の東大、京大の高校別合格者にちょっとした異変が起きた。名門校の復活がはっきりしてきたのだ。

 3月16日現在、東大トップは開成(東京)の173人で、37年連続トップだった。3位の麻布(東京)が今年東大トップの伸びで17人増の96人合格。麻布は戦後の東大合格者トップ10にずっとランクインしている名門だ。

 また、1960年代、東大合格者数トップを続けていた東京都立の日比谷が今年は47人合格で、1970年の5位以来、じつに48年ぶりにトップ10入りを果たした。東京では高校入試で学区がなくなり、希望する高校をどこでも受験できるようになり、日比谷の人気がアップした。

 さらに、日比谷は進学指導重点校に指定され、大学受験に力を入れるようになり、かつての勢いを取り戻しつつある。トップ10は国立、私立の中高一貫校が26年間、独占してきたが、それに風穴を開けることになった。このように、名門校の復活が今年の特徴だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ