国民栄誉賞 記者会見速報(2)完 お互いの思い明かす 羽生棋聖「どんな記録、記憶作っていくか楽しみ」、井山十段「棋士として先を行ってくださり、心強い」

 <国民栄誉賞授与式後の記者会見では、囲碁、将棋界の両雄について、互いの思いを聞く質問が続いた>

 --羽生さんに。世界を視野に入れている囲碁の井山さんへの思いを

 羽生「将棋界からみると国際普及の面で2、3歩先にいっておりうらやましい。今は韓国、中国の若くて強い人がいるなかで、存在感ある棋士として活躍してほしいと願っている」

 --羽生さんに。将棋界でも若手の活躍が目立つ。今週末の藤井聡太五段との対局(朝日杯将棋オープン戦)についての心境を

 羽生「以前からなんとなく、きょうの日が終わったら一息つけるんじゃないかと思っていたが、まったくそんな感じではなくなってしまって…。藤井さんとは公式戦では初顔合わせということであり、お客さんの前で指す公開対局でもある。張り切って、土曜日の対局を心待ちにしている」

 --それぞれの世界で頂点に立たれた

 羽生「井山さんは七冠制覇を2回されて、維持されて現在進行形で囲碁の歴史を作られている。その方と同じタイミングで名誉ある賞をいただき、うれしい。この先、どんなふうな記録、記憶を作っていかれるのか、一ファンとして楽しみです」

 井山「囲碁を始めたときに、(羽生先生は)七冠になられた。将棋界を超えて、希望、夢を与えられた人。年月がたった今もトップで勝ち続けておられる棋士としての尊敬は(言葉では)言い表せない。自分がどういう棋士になれるか分からないが、先を行ってくださる羽生先生がいらっしゃるので、心強い。自分もそうあれたらいいな、と思う」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ