閻魔大王に願いを込めて 利性院で大祭 栃木

 栃木県足利市井草町の利性院で16日、伝統行事「閻魔(えんま)大王大祭」が開かれ、多くの参拝者らが今年一年の家内安全などを願った。

 本堂には高さ2メートル、朱塗りの閻魔像が祭られ、「井草の閻魔様」と呼ばれる。地元に200年以上前から伝わり、閻魔大王の休日とされる1月と8月の16日が大祭となる。同市の水泳インストラクター、白井みどりさん(47)は「立派な閻魔像に驚きました。家内安全と子供の学業成就を願いました」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ