夢のB’z凱旋公演、稲葉浩志さん兄が地元・ファンの支援に感謝

 「大きな事故やけがもなく、無事に終わってホッとしている」-。岡山県津山市出身の稲葉浩志さんがボーカルを務める人気ロックバンド「B’z」の津山凱旋(がいせん)公演が終わり、浩志さんの兄、伸次さん(56)が産経新聞のインタビューに応え、地元やファンの支援に感謝の意を表した。

 28年ぶりの津山公演が発表されたのは4月末。“世界のB’z”となった今、かなわぬ夢と思われた凱旋公演の実現に地元は歓喜。市や商工会、市観光協会などでは「おもてなしプロジェクト」を発足。巨大パネルやのぼり旗などで、歓迎ムードを演出した。

 地元有志も横断幕を掲げ、「おかえり」のイルミネーション点灯や浩志さんゆかりの品々の展示室を商店街に設置するなど、官民挙げて歓迎ムード一色に。

 「本当に、みなさん一丸となってまちを盛り上げてくださったことに感謝の気持ちでいっぱい」と喜ぶ。

 同市などによると、公演当日22日は、当初予想の倍の約5千人が来津。開演は午後6時だったが、午前中から会場の津山文化センター周辺を始め、浩志さんの実家で、母、邦子さん(80)が営む「イナバ化粧品店」や母校めぐりなど、“聖地巡礼”のファンらでにぎわった。

次ページ伸次さん経営の和菓子店「くらや」にも大勢の人が立ち寄り…

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ