Gゲージの大型「鉄道ジオラマ」新設 淡路ワールドパークONOKORO

 ヨーロッパの街並みを再現した大型の鉄道ジオラマが兵庫県淡路市塩田新島の観光施設「淡路ワールドパークONOKORO」に新設され、鉄道ファンや親子連れの人気を集めている。同施設では当分の間常設するという。

 ジオラマはレールの幅が45ミリの「Gゲージ」と呼ばれるもので、国内で一般的なレール幅9ミリの「Nゲージ」に比べて車両も大きく、質感に優れているのが特徴。国内ではほとんど流通していないGゲージを間近で楽しんでもらおうと企画された。

 ジオラマは縦約4・5メートル、横約14・3メートルで、レールの延長は計98・5メートル。ヨーロッパの田園風景をドイツの蒸気機関車やスイスの電気機関車、アメリカの蒸気機関車が走行する。駅やトンネルなども設置され、電灯が光るなど精巧に作られている。

 列車は実際の列車と似たコントローラーで3分200円で運転が可能。親子連れらが駅に停車させたりして楽しんでいた。和歌山県橋本市から親族と来た小学4年、秋月瑠愛(るあん)さん(9)は「列車のサイズが大きく、デザインも本物のようで楽しめました」と笑顔をみせていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ