子供検索1位「ルイ・ブライユ」って誰? 信長、AKB、嵐を凌ぐ超有名人

 ■点字発明 小学教科書に登場

 「ルイ・ブライユ」という人物をご存じだろうか。実は子供たちの間ではかなりの有名人。子供向け検索サイトで昨年の人名検索件数が、織田信長、AKB48を抑えて1位に輝いた人物だ。豊臣秀吉、エジソン、ナポレオンなど世界の偉人を紹介する漫画伝記シリーズの最新刊にも名を連ねた。果たして、「ルイ・ブライユ」とは。(服部素子)

 ◆織田信長よりも上

 ルイ・ブライユ(1809~1852年)は、現在世界で使われている6点点字を発明した19世紀のフランス人。3歳のときのけががもとで5歳で失明。10歳でパリ王立盲学校に入学して点字と出合い、改良を重ね、6点点字のシステムを開発。現在、133言語、142カ国で使われている。

 今年8月に発売された、世界の偉人を漫画で紹介する「小学館版学習まんが人物館」シリーズの最新刊も、「ルイ・ブライユ」。確かに点字は、目の見えない人たちの文字によるコミュニケーションを可能にした素晴らしい発明だが、シリーズで取り上げられた、豊臣秀吉やベートーベン、ライト兄弟など他の人物に比べると一般の認知度は低い。なぜ今、ルイ・ブライユなのか。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ