薄毛治療に期待! 幹細胞で毛髪再生に成功 米露の研究チーム

◆低コストで大量移植可能

 現在唯一の薄毛治療法は、自分の後頭部などに残された毛髪を作り出す皮膚器官の「毛包」を移植するしかないが、毛包が失われていれば不可能だ。幹細胞から分化させた細胞を使えば、低コストで大量の移植が可能になる。

 テレスキフ助教授は「次のステップはヒトでの実験を成功させることで、現在、そのためのパートナーシップを募っている」と述べ、人体での臨床研究に意欲をみせた。

 現在、薄毛や抜け毛に悩む人々は、米国だけで男性が4100万人、女性も2100万人に上るという。全世界では15億人ともいわれており、一日も早い実用化を待ち望んでいる。

 【用語解説】幹細胞

 分裂して自分と同じ細胞を作ったり、別の細胞に分化する能力を持つ細胞。人体の組織や臓器に成長する源となる。受精卵から作られる胚性幹細胞(ES細胞)も、その一種で、ほとんどすべての臓器の細胞に分化できる多能性を持つ。京都大学の山中伸弥教授(52)らのグループが開発した人工多能性幹細胞(iPS細胞)は、受精卵ではなく、皮膚由来の体細胞に数種類の遺伝子を組み合わせて作り出した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ