実は“ワル”だった龍馬 武器密輸で墓穴?黒幕に桂小五郎、グラバーの名:イザ!

2013.3.10 07:00

実は“ワル”だった龍馬 武器密輸で墓穴?黒幕に桂小五郎、グラバーの名

 だが当時、幕府で重役を担った勝や松平春嶽(しゅんがく)と深いつながりをもつ龍馬を簡単には襲えない。浪士集団の新選組が手出しできなかったのは、そのためだったともされている。

 一方、旗本の子弟が集まる京都見廻組は襲うだけの格はあった。メンバーの自供もあり、容疑者として有力視されてはいる。だが、自分が主犯か見張りかで二転三転するなど内容に信頼性に欠けるため、真犯人とまではいたっていない。

 では誰が龍馬を。いなくなって最も利するのは、無血倒幕を考えていた龍馬に対して武力倒幕を考えていた桂小五郎を中心とする長州藩だろう。

 売り込んだ武器が使われなければ掛け金が回収できないトーマス・グラバーが両藩を裏で扇動したとの説もある。現に大戦争に発展しなかったため後年、グラバー商会は倒産する。

 さらに大政奉還の手柄を独り占めにしたい土佐・後藤象二郎の説も。

 事件後、龍馬と中岡慎太郎は霊明神社の墓地(現在の京都霊山護国神社)に埋葬される。東山の高台にある墓からは京都市街地が一望でき、150年経た今も人々の営みを静かに見守っている。(園田和洋)