無罪になった88歳暴走運転手 控訴審で「有罪にしてください」

群馬県前橋市で起きた事故の被告が驚きの発言(時事通信フォト)

群馬県前橋市で起きた事故の被告が驚きの発言(時事通信フォト)

 母子2人の死亡を含む9人が重軽傷を負った池袋暴走事故(2019年4月)。東京地裁で行なわれた10月8日の初公判で飯塚幸三被告(89)は「車になんらかの異常が生じたために、車が暴走してしまった」と無罪を主張。旧通産省工業技術院の元院長の肩書きから“上級国民”との批判が再燃している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ