ゴーン事件、「主役」欠いたケリー被告公判 検察は有罪獲得に自信

次の写真へ
ゴーン被告とケリー被告をめぐる事件の経過

ゴーン被告とケリー被告をめぐる事件の経過

 金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の罪に問われた日産自動車元代表取締役、グレゴリー・ケリー被告(63)と法人としての日産の公判が15日、東京地裁で始まる。ケリー被告は産経新聞の単独インタビューに対し無罪を主張、検察側と全面対決する姿勢を示した。金商法違反と会社法違反(特別背任)の罪で起訴されている前会長のカルロス・ゴーン被告(66)が昨年末、レバノンに逃亡しており、“主役”不在で審理される異例の公判の行方が注目される。(山本浩輔、宮野佳幸、吉原実)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ