保釈条件にも違反か 裁判所判断、ゴーン事件に続き「裏目」に

秋元司容疑者

秋元司容疑者

 IR汚職事件の贈賄側に裁判で虚偽の証言をするよう依頼し、現金供与を申し込んだとして再び逮捕された衆院議員、秋元司容疑者(48)は、収賄罪で起訴された後の今年2月から保釈中だった。裁判所が認めた保釈条件では、事件関係者に弁護人を介さずに接触することを禁じており、贈賄側の紺野昌彦被告(48)への支援者を通じた接触が認定されると、条件違反になる。保釈がなければ事件が起きなかった可能性もあり、裁判所の判断に批判が集まりそうだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ