九州豪雨、北部に被害拡大 死者50人、筑後川氾濫

次の写真へ
大分県九重町で豪雨により流失したJR久大線の鉄橋=7日午前(住民提供)

大分県九重町で豪雨により流失したJR久大線の鉄橋=7日午前(住民提供)

 停滞する梅雨前線の影響で九州は7日も北部を中心に猛烈な雨が降った。気象庁は福岡、佐賀、長崎3県の一部自治体への大雨特別警報を維持し、最大級の警戒を呼び掛けた。大分県日田市では筑後川が氾濫。福岡県では今回の豪雨で初めて死者1人が確認されたほか、大牟田市で避難所が周辺の冠水で孤立し、県は陸上自衛隊に災害派遣を要請した。熊本県ではこれまでに49人が死亡、3人が心肺停止。行方不明者11人の捜索が続いた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ