神戸連続児童殺傷から23年、犠牲者父「本当の理由聞くことが親の責任」

「なぜ息子の命が奪われないといけなかったのか、納得する理由が知りたい」と話す土師守さん=神戸市内

「なぜ息子の命が奪われないといけなかったのか、納得する理由が知りたい」と話す土師守さん=神戸市内

 平成9年に神戸市須磨区で起きた連続児童殺傷事件で、土(は)師(せ)淳君=当時(11)=が殺害されてから24日で丸23年となる。父親で医師の守さん(64)が産経新聞のインタビューに応じ、「経済補償など、犯罪被害者にとって残された課題はまだある。できることを少しずつでも続けていきたい」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ