野田虐待死、父親第5回公判詳報 「蹴られて今も痛い」

栗原勇一郎被告(フェイスブックから)

栗原勇一郎被告(フェイスブックから)

 千葉県野田市で昨年1月、小学4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=を虐待して死亡させたとして、傷害致死罪などに問われた父親の勇一郎被告(42)の裁判員裁判第5回公判が28日、千葉地裁(前田巌裁判長)であり、心愛さんが平成29年11月、県柏児童相談所に保護された当時の小学校の担任教諭や、柏児相で心愛さんの担当だった児童福祉司と児童心理司が証言した。主な内容は次の通り。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ