沢尻被告が謝罪文 「違法薬物と関わり持たぬよう、つながり一切断つ」

次の写真へ
保釈された沢尻エリカ被告を乗せ警視庁東京湾岸署を出る車両=6日午後、東京都江東区(桐山弘太撮影)

保釈された沢尻エリカ被告を乗せ警視庁東京湾岸署を出る車両=6日午後、東京都江東区(桐山弘太撮影)

 合成麻薬のMDMAやLSDを所持したとして、麻薬取締法違反の罪で起訴された女優、沢尻エリカ被告(33)は6日、所属事務所のホームページで、「心よりおわびする」などとする謝罪文を公表した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ