沢尻被告起訴、「尿鑑定陰性」使用立件にハードル

沢尻エリカ被告

沢尻エリカ被告

 東京地検が6日、合成麻薬のMDMAやLSDを所持したとして、麻薬取締法違反(所持)の罪で起訴した女優、沢尻エリカ被告(33)。警視庁の取り調べに対して「MDMAやLSD、大麻、コカインを使用していた」と供述していたことから、使用での立件が焦点となっていた。しかし直近の使用の有無を確認する尿鑑定の結果が陰性となったことで、立件に必要な具体的な使用の時期、場所の特定が困難となり、現状で使用の立件が見送られた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ