大阪女児誘拐事件 被害者をネットで非難する卑屈な人々

 明らかに弱者が被害者となった事件が起きたとき、なぜか被害者のあら探しに熱心な人たちがいる。その声は、SNSの普及によって実際より大きく広まってしまうことがある。大阪の小学6年生女児が行方不明になり、栃木県で発見された事件をきっかけに、あぶり出された大人の不見識がSNSで声高に叫ばれる歪みについて、ライターの森鷹久氏が考えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ