東海道新幹線殺傷事件で問われた安全対策 手荷物検査導入は?  

新幹線内に備えられた盾や防刃ベストなどを身に着けて暴漢に対応する訓練を行う乗務員(JR東海提供)

新幹線内に備えられた盾や防刃ベストなどを身に着けて暴漢に対応する訓練を行う乗務員(JR東海提供)

 東海道新幹線殺傷事件を受け、JR東海などは安全対策強化に取り組んでいるが、凶器を持ち込ませないようにする乗客への身体・手荷物検査は導入が進んでいない。緻密なダイヤで大量の乗客を運ぶ新幹線では、大混雑を招きかねないためだ。しかし、来年の東京五輪・パラリンピックを前に、さらなる安全対策の強化は急務。国は手法の検討に乗り出している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ